COMPANY会社概要

ご挨拶

Greeting

当社は、1974年(昭和49年)に設計業務を主体とした会社として設立し、原子力発電所等のプラント設計業務を主軸に、多くの産業機械製品の誕生に携わってきました。

1989年(平成元年)には蓄積されたノウハウと技術を生かし、粉粒体機器の設計と販売を手がける部門を開設し、粉粒体輸送の分野へ進出を果たすとともに、社名と組織変更を行い、『株式会社コスモテックス』としました。

以来、設計部門と粉粒体機器部門により業務を拡充し、新機種開発や、特注仕様機械の開発設計等も手がけて参りました。2000年(平成12年)には、IT社会を見据えて、ソフトウェア部門も開設し、米国GTX社と日本国内総代理店契約を結び、ラスター編集アプリケーションの日本語化と販売を開始しました。

今後共初心を忘れずに顧客と社会に貢献するとともに、お客様のご期待に沿う技術・製品を提供して参ります。
ご愛顧のほど宜しくお願い致します。

概要

Overview

社名 株式会社コスモテックス
代表取締役会長 福原 孝一
取締役社長 棚村 光浩
所在地 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-32-6 川野ビル 3F
TEL 03-3735-6888
FAX 03-3735-6977
創業 1974年7月
設立 1990年11月 株式会社に組織変更
営業内容
  • 粉粒体機器の営業、設計、製造、販売
  • 産業機械の開発・設計・製作
  • 納入機器のアフターサービス
  • 3Dレーザー計測/モデリング
  • プラント設計、製図
  • ソフト・システム開発&販売
資本金 15,000,000円
取引銀行
  • 横浜銀行
  • 蒲田支店
  • 三井住友銀行
  • 蒲田西支店
  • 城南信用金庫
  • 蓮沼支店
加盟団体 東京商工会議所

沿革

History

昭和49年 7月 (1974年) 神奈川県川崎市に『有限会社福原設計事務所』設立。
昭和55年9月まで東芝エンジニアリング株式会社経由で株式会社 東芝 原子力事業本部へ業務協力。
昭和55年 6月 (1980年) 東京都品川区に事務所開設。
昭和55年 7月 (1980年) ネッスル日本株式会社より、『サニタリー式ロータリバルブ』の製作依頼を受け、納入。
昭和57年 9月 (1982年) 製造協力工場より、粉粒体機器の企画設計業務の依頼を受け、 販売部門開設。
昭和59年 3月 (1984年) 業務拡張に伴い東京都大田区に事務所移転。
平成元年10月 (1989年) 粉粒体機器部門を充実させると共に粉粒体機器メーカとして社名を『コスモテックス』と改称。
平成 2年11月 (1990年) 業務拡張に伴い株式会社に組織変更。
平成 3年? 1月 (1991年) 資本金を 1,000万円に増資。
平成 5年12月 (1993年) 粉粒体用二方切換弁(ロータ式)開発販売に入る。
平成 8年 7月 (1996年) サニタリー式ロータリバルブをシリーズ化。『サニーメイト』として商標登録。
平成 9年10月 (1997年) 現住所に営業所を移転。
平成11年4月 (1999年) 高圧シールロータリバルブをデンカ・エンジニアリング(株)殿と共同開発に向け契約締結する。
平成11年8月 (1999年) 高圧シールロータリバルブ1号機完成。
平成11年10月 (1999年) 環境事業への進出を図るため、生ごみ発電用機器(破砕機、攪拌機)の開発着手。
平成12年3月 (2000年) 生ごみ発電用機器の納品開始。
平成12年10月 (2000年) 新事業としてソフトウェア開発部門を組織化。
平成13年10月 (2001年) 資本金を 1,500万円に増資。
平成14年12月 (2002年) GTXRasterCADシリーズの日本国内販売元となる。
(株式会社マツボー殿から、日本国内の販売権を継承する。)
平成18年 7月 (2006年) 粉粒体機器の一部製品(E型ロータリバルブ)について中国生産・日本国内販売開始。

アクセス

Access

JR線利用の場合
JR東日本 京浜東北線 蒲田駅 下車
中央改札口より 西口方面へ 徒歩 約5分
東京急行線利用の場合
東急電鉄 多摩川線・池上線 蒲田駅 下車
東急線改札口より 7丁目方面へ 徒歩 約5分

Googleマップで見る